home sound profile lylic news mail
   

リトルボイス

今夜もそいつは 僕の部屋にやってきて
調子っぱずれの歌 歌 歌う
こなごなのことばを 銀のさじで掬って
耳に流し込んだ やがて届くだろう

僕の部屋の窓から 景色は消えちゃうから
電線の上に飛ばして 町を見下ろす
耳から取り出して 銀の海に透かせば
半透明の結晶体
拡散しながら 降りしきるそいつは
町に溶けてった

かすかに光る声は音楽
さびしげにゆれる音は歌
よるべない眼玉の気まぐれに
照らすときだけ明滅くりかえす

明滅

僕の部屋の窓から 景色は消えちゃうから
電線の上に飛ばして 町を見下ろす
遊飛行する季節から 宙づりになって願う
思いは粒子になって 優しい声になって

かすかに光る声は音楽
さびしげにゆれる音は歌
よるべない眼玉の気まぐれに
照らすときだけ明滅くりかえす

明滅

2nd mini album   「頭の中では次の駅をきめている」収録